医療設備・治療法

Home > 医療設備・治療法 > 血液検査 自動血球計数CRP測定装置

血液検査 自動血球計数CRP測定装置LC-767CRP

  1. 数滴の血液でわずか4分の迅速検査
  2. 炎症反応(白血球、CRP)および貧血などを即座に測定し治療に反映
  3. 30G(ゲージ)の極細針を使用する事で、耳たぶ・指先からほぼ痛みのない採血が可能

自動血球計数CRP測定装置(LC-767CRP)

測定に必要な血液量18μl

 

当院では最新の医療機器である「自動血球計数CRP測定装置」を導入します。

この機器にてわずか数的の血液からは血球数、赤血球数、血小板、CRP(炎症反応)をたった4分で測定できます。通常の採血では、血液を検査会社に送り測定してもらうため、結果が得られるまで2時間~翌日までかかり適切な治療の開始が遅れてしまいます。

当院では迅速に治療を開始するために院内で検査を行い、4分で得られる検査結果から炎症や感染症の正確な診断をし、「内服の抗生剤で治るのか」「点滴治療が必要なのか」「総合病院での入院治療が必要か」を判断します。採血量もごく少量ですみますので、大人はもちろんのこと、赤ちゃんや採血の苦手な子供の耳たぶや指先からの採血でも判定可能です。